白髪シャンプー&トリートメント

スポーツ刈りや坊主におすすめの市販白髪染め!地肌につかない染め方

坊主や短髪におすすめの白髪染め

スポーツ刈りや坊主などの短いヘアスタイルの方で白髪染めがしにくいと感じたことのある方はいませんか?

実際にほとんどの白髪染めは、長い髪を染めるのに向いていて短い髪はあまり向いていません。

「どうして短い髪は白髪染めが向いてないの?」「短い髪で白髪染めする時はどうしたらいい?」など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではどうして短い髪が白髪染めに向いていないのか、短い髪で白髪染めをするときのコツなど詳しく解説していきます。

スポーツ刈りや坊主などの短い髪の人はこの記事を参考にして白髪染めしてみてくださいね!

スポーツ刈りや坊主は染めにくい

どうしてスポーツ刈りや坊主の短い髪の方は白髪染めがしにくいのか知っていますか?いつも白髪染めしてもなかなか染まらないといった経験をした方も多いのではないのでしょうか。

ここではどうしてスポーツ刈りや坊主の短い髪の方が白髪染めしにくいのかを詳しく解説していきます。

地肌に白髪染めの染料がたくさんついてしまう

スポーツ刈りや坊主の短い髪の場合、染料が地肌についてしまうということがあります。

一般的なドラックストアなどで売られている白髪染めは、美容院や理容室の白髪染めは髪だけでなく頭皮まで傷めてしまう可能性があります。

そのため地肌につかないように染めなければいけませんが、なかなか地肌を避けて染めることが難しくなってきます。

美容室や理容室などで染めてもらえば、ダメージを極力まで減らして染めることができますが市販の白髪染めではどうしても限界があるため染めにくいのです。

髪自体に染料がつきにくい

そもそもスポーツ刈りや坊主のような短い髪は、白髪染めの染料がつきにくく染めにくいのです。

頭皮を傷めない白髪染めトリートメントなどならいいのではと思う方もいるかもですが、塗ってから時間を置かないといけない白髪染めトリートメントタイプではムラがどうしてもできてしまいきれいに染めることができません。

白髪染めトリートメントなら地肌をいためてしまうといった可能性は低いですが、きれいに染まるまで毎日染めたり時間がかかってしまうデメリットがあります。コストもかかるので手間になることが多いです。

坊主などの髪自体短い人はトリートメントをする習慣も少ないと思うので面倒になってしまうこともあります。

頻繁に染める必要がある

スポーツ刈りや坊主のような短い髪のひとは、すぐに髪が伸びてしまうので髪を切る頻度が高い特徴がありますよね。そのため伸びてきたときに白髪が長髪の方よりも目立ってしまいます。

そのことから頻繁に白髪染めをしなければいけない必要があります。

シャンプーするだけで染まる「白髪染めシャンプー」などもありますが、こちらも白髪染めトリートメントと同様に1回では染まらず、何回も染める必要があるため時間がかかります。

白髪染めシャンプーでは染まりきる前に髪が伸びてしまい、切らないといけないということになったりするのです。

スポーツ刈りや坊主の白髪染めのコツ

スポーツ刈りや坊主のような短い髪の人は一体どのようにして白髪染めをしたら良いのでしょうか。

「スポーツ刈りや坊主のような髪型で白髪染めするコツってあるの?」「どうやったらきれいに白髪染めができるの?」というように上手に白髪染めする方法がわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、スポーツ刈りや坊主のような短い髪の人がきれいに白髪染めをするにはどうしたらいいのか詳しく解説していきます。

是非参考にして、ムラがなくきれいに白髪染めができるか実践してみてくださいね!

トーンの明るい白髪染めを選ぶ

暗い色の白髪染めを使用すると、白髪が伸びてきたときに白髪が浮いて逆に目立ってきてしまう場合があります。

トーンの明るい白髪染めを選ぶことで、髪が伸びてきたときに白髪が目立ちにくく頻繁に白髪染めをしなくても気になりません。

自分の髪よりもワントーン明るい色の白髪染めを使うこともおすすめなので是非実践してみてください。

髪が均一に乾いている状態で染料を塗る

一般的な市販で売られている白髪染めは基本的に乾いた髪に使います。乾いた髪と、乾いていないに濡れた髪がある状態で白髪染めをすると仕上がりがムラになってしまいます。もし髪が濡れている部分がある場合はしっかりドライヤーで髪を乾かしてから白髪染めをすると、ムラができにくくきれいに染めることができます。必ず白髪染めをする前はしっかり髪が乾いているか確認して染めるようにしましょう。

室温を温めてから染料を塗る

室温が低かったり、冬の寒い時期に白髪染めをするとなかなか染まりにくいことがあります。染める前は、部屋の室温を高くし温めておくと白髪染めの入りが良くなるので実践してみてください。夏の場合は髪自体に直接、冷房が当たらないよう気をつけましょう。

ツーブロックの男性
ツーブロック(サイド刈り上げ)の白髪染めで注意したいこと!おすすめの白髪染め

「清潔感のあるツーブロック を維持したい。」 「色むらなくキレイに染めるには方法はないのかなぁ?』とお考えではないですか? この記事ではツーブロックの白髪染めのコツや、おすすめの白髪染めをご紹介します ...

続きを見る

スポーツ刈りや坊主におすすめの市販白髪染め

「スポーツ刈りや坊主のような短い髪の人でおすすめの白髪染めってあるの?」といった短い髪型でも染めやすい市販の白髪染めがあるのか気になりますよね。

ここではスポーツ刈りや坊主のような短い髪の人でもきれいに染めることができるおすすめの白髪染めを紹介していきます。

是非参考にして実際に使ってみてくださいね!

グローリン・ワンクロス

グローリン・ワンクロスは染まりがよく、地肌にダメージが少ない素手で行える白髪染めシャンプーです。短髪ヘアの方でもきれいにムラなく染めることができます。

短い髪の方はシャンプーの使用量も少ないことからコスパよく白髪染めでき、普段のシャンプーの代わりに使うだけなので手軽に白髪染めができますよ。

\毎日白髪ゼロへ/

公式サイト

公式サイトが最安値となっています

利尻ヘアカラートリートメント

お風呂で普段使っているシャンプーのあとに、利尻ヘアカラートリートメントを髪全体にのせ10〜20分程置き使用します。

手軽にお風呂で使用することができ、地肌へのダメージが少ない白髪染めトリートメントです。

塗った後は湯船に浸かりながら染まるのを待つと、地肌が暖かくなり染料が入りやすくなります。時間が経てばそのまま洗い流して完了。

普段使っているトリートメントはする必要がないので、忙しい方にもおすすめの白髪染めです。

KAWARAYA楽天市場店
¥2,799 (2022/03/12 10:51時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

スポーツ刈りや坊主におすすめの市販白髪染め|まとめ

この記事では髪の短い方がどうして白髪染めしにくいのか、短い髪の方におすすめの白髪染めをご紹介してきました。

髪が短いとどうしても染料が地肌につき傷めてしまう可能性が高いので、肌に優しく負担が少ない白髪染めを選ぶことがおすすめです。

スポーツ刈りや坊主のような短い髪の方でも白髪にお悩みの方は。是非参考にして白髪染めを行ってみてくださいね!

-白髪シャンプー&トリートメント
-