白髪シャンプー&トリートメント

カラートリートメントの黒って染まる?おすすめの商品を紹介

カラートリートメント黒

カラートリートメントの「黒」は、髪色のイメージチェンジや就活、明るすぎる今の髪色が気になる人にも適した、頭皮と髪にやさしい仕様の染毛料のことを言います。

ここではカラートリートメントの黒について、しっかり染めることができるのかと心配に感じている人が知っておきたい気になるメリットとデメリット、さらには選び方やリピーターが多いと話題のおすすめ商品をまとめてご紹介。

黒のカラートリートメントのお役立ち情報を参考にしながら、ナチュラルで落ち着いた印象のキレイな黒髪を取り戻していきましょう。

この記事を書いた人

kanami.
美容系WEBライター。アパレルショップ勤務を経てフリーライターに転身。白髪やヘアケア、美容の知識についてはお任せ!

カラートリートメントの黒ってしっかり染まる?

明るい髪や白髪が目立つ髪を黒く染める製品・黒のカラートリートメントは、しっかりと染めることができるのか不安、疑問に感じることもあるのではないでしょうか。

ここでは黒のカラートリートメントで髪をしっかり染めることができる理由と仕組みについてわかりやすく解説してみたいと思います。

黒のカラートリートメントが髪を染めていく仕組み

黒髪に仕上げる染毛料の製品にはさまざまなタイプが展開されていますが、一般的なヘアカラーの場合は、キューティクルを開いて髪の内部に染料が浸透して髪を黒髪に染める仕組みとなるため、デリケートな頭皮や髪質には刺激になることがあります。

黒のカラートリートメントは、

  • キューティクルを傷めず髪の表面にじっくりと黒色が馴染んで染まっていく
  • 塩基性染料に含まれるイオンの作用によって、髪の表面に黒い色がコーティングされていく
  • HC染料の作用によって、キューティクルにダメージを与えずに髪の内部に黒色がじっくりと浸透していく

という仕組みになっているため黒色に染まりやすく、髪と頭皮に負担をかけずに使用できるところも特徴のひとつです。

黒のカラートリートメントは1回ではしっかりと染まらない?

カラートリートメントの黒は、髪の表面・内部ともに穏やかに馴染み、浸透して黒色に染めていくため、1回でしっかりと染まる即効性は期待できません。

ただ、黒のカラートリートメントの適切な使用量、頻度を守りながら継続的に使用していくことで、髪と頭皮に負担をかけずに少しずつキレイな黒髪に染まっていきます。

黒のカラートリートメントはこのような仕組みや特徴からも、髪と頭皮の安全性を重視したヘアカラーに最適な製品と言えるでしょう。

黒く染まるカラートリートメントのデメリット

黒く染まるカラートリートメントには、色落ちの早さやムラになりやすい、トーンアップの効果が期待できないなどのいくつかのデメリットがあります。

ここでは黒く染まるカラートリートメントのこのようなデメリットについて、より詳しい情報を一緒にチェックしてみましょう。

  • 色落ちが早い
  • 色ムラになりやすい
  • 他商品との相性がある
  • 染まるまで時間がかかる

黒く染まるカラートリートメントの色落ちが早いデメリット

黒く染まるカラートリートメントは、穏やかな作用で髪に黒い色を付けていく仕組みとなるため、髪にかかる摩擦や刺激、紫外線ダメージや湿気などの影響で色落ちが早くなるデメリットがあります。

また高級アルコール系や石鹸系のシャンプーは、洗浄力が強いことで黒く染まるカラートリートメントとの相性が悪く、色落ちを早くしてしまう可能性があります。

カラートリートメントの黒の色ムラができやすいデメリット

カラートリートメントは手軽な使用方法がたくさんの女性に支持されていますが、

  • ブロッキングをする
  • カラーリング専用のアイテムを使う

などの工夫をしないと、髪の内側に色が入り込まず、ムラのある仕上がりになってしまうこことが…。

黒く染めるカラートリートメントを、明るめの髪色に使う場合は、丁寧に細かな作業が必要になるため、はじめて使用する場合はムラになるケースも少なくありません。

黒のカラートリートメントは他のヘアカラーとの相性が良くないデメリット

黒のカラートリートメントは、酸化染毛料やヘアマニキュアなどの他のヘアカラーとの相性が悪く、併用して使ってしまうと不自然なテカリや色ムラが出てしまうデメリットがあります。

ラートリートメントの酸化染毛料やヘアマニキュアは、髪を染めるそもそもの仕組みが変わってきているため、併用による相性が悪いと考えられています。

髪質によって染まるまでに時間がかかるデメリット

黒のカラートリートメントは、髪質によって繰り返し使用してもしっかりと黒色に染まらないケースがあります。

たとえば、髪の量が多い人、スーパーロングの髪の長さの人は、黒のカラートリートメントひとつでは量が足りず、2本程度の使用をしてやっと染まるケースも少なくはありません。

また黒く染めるカラートリートメントは、清潔で健やかな状態の髪に反応しやすいと考えられているため、髪や頭皮のダメージが著しい人も、しっかりと黒色に染まるまでには時間がかかると言えるでしょう。

黒く染まるカラートリートメントのメリット

黒く染まるカラートリートメントは、男性や女性の性別、年代に問わずに愛用者が増え続けていることにも納得の、いくつものメリットがあります。

ここでは黒く染まるカラートリートメントの、使用感や効果、頭皮と髪へのやさしさに関するより詳しいメリットをまとめてお伝えします。

  • トリートメント作用がある
  • 手軽に使える
  • 徐々に元の髪色に戻る
  • 地肌に残りにくい
  • コスパがよい
  • 髪や頭皮のコンディションを改善できる

トリートメント作用による黒染めができるメリット

カラートリートメントは、白髪を染める一般的な染料やヘアマニキュア、ブリーチとは違い、製品そのものに髪と頭皮にうるおいを与えるトリートメントがブレンドされています。

黒く染まるカラートリートメントは、カラーによって髪と頭皮にかかる負担を配合されたトリートメントが馴染んでコーティングするため、なめらかでしっとり、ツヤのある仕上がりが実現します。

はじめての人にでも手軽に使えるメリット

黒く染めるカラートリートメントは、

  • 濡れた状態の髪
  • 乾いた状態の髪

のどちらにでも使用でき、自分の好きなタイミングで使える手軽さがあります。

また黒く染めるカラートリートメントの使い方は、

  • 乾いた髪、またはシャンプーした後の髪に馴染ませる
  • 10~20分程度そのまま置く
  • 乾いた髪の場合はシャンプーをして洗い流す、シャンプー後使用の場合は再度シャンプーをして洗い流す

という方法が基本となっているため、これまでにルーティンになっていた髪のトリートメントケアと同じ要領でカンタンに使用できるところもメリットのひとつです。

もともとの髪色に戻したいときにも便利なメリットが

黒のカラートリートメントは、もともとの髪色に戻したい際にも、

  • 継続使用をストップすること
  • 繰り返しのシャンプー

によって徐々に染料が洗い流されていき、もともとの髪の色に戻りやすくなります。
そのため黒く染まるカラートリートメントは、一時的に黒く髪を染める必要がある人にも手軽な製品となっています。

地肌に残りにくくすぐに洗い流せるメリット

黒のカラートリートメントは、専用のクレニングを使う必要がなく、一般的な石鹸・洗顔料に馴染みやすいため、万が一に地肌やフェイスラインに染料が付着してしまっても、スピーディーに洗い流すことができます。

白髪を染める製品やブリーチ、ヘアマニキュアなどを使って、頭皮やフェイスラインなどに色がついてしまい、なかなか落とせなかった経験はありませんか?

染毛料が地肌やフェイスラインに付着すると、頭皮トラブルや肌荒れにつながってしまう心配が…。

そのため、黒のカラートリートメントのやさしい処方は使用に慣れていない人にも手軽、敏感な肌質の人にも安心に使用できます。

美容院へ行く手間やコストがかからないメリット

黒く染まるカラートリートメントの活用は、美容院へ行く手間や負担、髪をカラーリングする際にかかる、それなりに高額なコストをカットできるメリットがあります。

美容院でのカラーリングは、最低でも3~5,000円程度が一般的な相場。
また美容院でのカラーリングは予約を取るためのスケジュール調整が必要になり、忙しい人には負担になることがあります。

黒く染めるカラートリートメントの場合は、市販のリースナブルな商品では1,000円台から手軽に購入できる商品もあり、自宅にいながらヘアサロン気分、好きなタイミングで使えるため、お財布にも気持ちにもやさしい黒染めが実現するでしょう。

頭皮と髪のコンディションが健やかになっていくメリット

黒く染まるカラートリートメントは、販売ブランド独自の美髪・頭皮ケア成分が使用された商品が多数展開され、使い続けることでキレイな黒髪と健やかな髪質、頭皮コンディションのケアにアプローチできます。

黒く染まるカラートリートメントに使われることが多い注目の成分は、

  • 髪と頭皮のアンチエイジングに役立つコエンザイムQ10
  • うるおいケアに働きかけるコラーゲンやヒアルロン酸
  • しなやかで丈夫な髪を育むコンブエキス

などがあります。
黒く染まるカラートリートメントのこのような特徴から、髪色以外にもトラブル・悩みがある人に最適なアイテムと言えるでしょう。

黒く染まるカラートリートメントの選び方

黒く染まるカラートリートメントの最適な商品を選ぶために、ここでは特に注目しておきたいポイントをまとめてみました。

今の自分自身の髪の状態、髪色をじっくりと観察しながら、その状態に応じた黒染めカラートリートメントを上手に選びましょう。

髪の状態に合わせて、白髪を染めるタイプまたはおしゃれ染めを選ぶ

黒く染まるカラートリートメントには、

  • 白髪ケアや白髪に黒い色を付ける白髪専用タイプ
  • 明るい髪色を落ち着いた黒色に染めるおしゃれ染めタイプ

のふたつの種類が展開されています。

白髪が目立つ髪に、おしゃれ染めを使うとキレイに黒色が馴染まなかったり、不自然なテカリが出てしまうケースもあるため、今の髪の状態に合わせたタイプのカラートリートメントを選びましょう。

即効性が謳われているカラートリートメントを選ぶ

黒く染めるカラートリートメントはしっかり染まるまでに時間がかかりやすいデメリットがあるとお伝えしましたが、ブランド独自の製法によって即効性が期待できる製品もリリースされるようになっています。

黒く染めるカラートリートメントの商品パッケージや公式サイトなどを見て、「1回の使用でもきちんと染まる」といったニュアンスの特徴が謳われている製品を選ぶと、時間をかけずにスピーディに仕上げることができるでしょう。

成分の充実度に注目して選ぶ

黒髪に染めるカラートリートメントは、髪と頭皮をいたわる保湿・ダメージケア成分以外にも、

  • 髪にツヤを与える成分
  • スカルプケアに特化した成分

などがプラスで使用されている製品を選ぶと、ひとつでさまざまな効果・メリットを実感でき、理想の使用感・髪色が期待できます。

負担にならない価格のカラートリートメントがおすすめ

黒く染めるカラートリートメントは、繰り返し長期的なスパンで使用することが基本となっているため、負担に感じない価格の製品を選ぶようにしましょう。

市販・通販サイトともにリリースされているカラートリートメントですが、身近なドラッグストアやバラエティショップで商品を見ながら買える市販製品の方が、通販サイトよりも比較的リーズナブルな傾向にあります。

天然成分配合のカラートリートメントが安心

黒染めのカラートリートメントを選ぶ際には、アレルギー反応などを考慮して、

  • 刺激物、添加物の使用が少ない低刺激処方のもの
  • アレルギー反応に対するテストが行われた商品


などを選ぶようにすると、大切なお肌を守りながらの安心・安全なカラーリングができます。

カラートリートメントの市販・通販それぞれの特徴を見て選ぶ

黒く染まるカラートリートメントは、市販・通販商品ではいくつもの細かな違いがあります。

市販の黒く染まるカラートリートメントは、

  • 1,000円台でも購入可能なリーズナブルな製品が多数
  • 気になる商品の特徴や質感、使い方などをすぐにチェックできる

などのメリットがあり、すぐに髪を黒く染める必要がある人にも手軽に購入できます。
代わって通販サイト限定の黒く染めるカラートリートメントの場合は、

  • ブランド独自の製法、成分が配合されている
  • 何種類かの無添加処方、低刺激処方の商品が一般的
  • 市販の黒染めカラートリートメントよりも販売数が多い

などのメリットがあり、上質な黒染めカラートリートメントを使いたい人に適したタイプとなっています。

おすすめのカラートリートメント【黒】

日本人の肌色にマッチした黒髪に染める、おすすめのカラートリートメントはさまざまな有名ブランドから続々とリリースされるようになっています。

ここでは愛用者・リピーターが多く、さらには仕上がりの良さや手軽な使用感などが高く評価された黒のおすすめカラートリートメントをずらりと集めてご紹介!

ベストな黒のカラートリートメントを選ぶために、おすすめの商品情報をぜひ参考にしてくださいね。

利尻ヘアカラークリーム

インターネット広告や人気女性誌のヘアカラー特集で何度も紹介されてきた実績がある利尻ヘアカラークリーム。

  • 美髪、頭皮ケア成分が豊富な北海道産利尻昆布をメイン使用
  • シコン、クチナシ、ウコンなどの天然素材で髪にやさしく、美しい黒色に
  • 白髪を染める一般的な染料のような刺激が少ない

などの魅力が充実しています。
利尻ヘアカラークリームは、頭皮や髪にはもちろん、環境にもやさしいつくりで、サスティナブルなカラートリートメントが理想の人にもおすすめです。

LPLP【ルプルプ】

頭皮にうるおいを与え、美髪レベルを高めながらの使用ができるルプルプ。

  • オレンジやローズマリーのやわらかな香りで癒しの黒染めが実現
  • 頭皮の血行促進、抗炎症作用成分配合で頭皮ケアにもアプローチ
  • ビギナーにも安心、シャワーキャップと手袋がセットになっている

などのおすすめポイントが備わっているルプルプは、このカラートリートメントだけのtriangleColor処方を施し、黒髪を長く維持できる効果が高く評価されています。

\ツヤツヤ潤う/

公式サイト

初回お試しキャンペーン34%OFF

DHC Q10 美容液カラートリートメントブラック

DHCからリリースされたコエンザイムQ10 美容液カラートリートメントブラックは、1,580円のプチプラなのに高品質、170gのコストパフォーマンスの良さもおすすめの逸品です。

身近な市販店舗でも購入可能なDHCの美容液カラートリートメントブラックには、

  • 塗布後はわずか10分で美しい黒色に仕上がる
  • コエンザイムQ10のアプローチで使用のたびにダメージをケア
  • 髪と頭皮のアンチエイジングに役立つ

という魅力が備わり、毎日使っても頭皮や髪に負担のないやさしい製法となっています。

DHC(ディー・エイチ・シー)
¥2,390 (2022/04/02 14:28時点 | Amazon調べ)

50の恵みエイジングケア 頭皮いたわりカラートリートメントブラック

頭皮や髪のダメージ、加齢による老化や白髪の目立ちが気になる40代以上の男女に人気の、50の恵み エイジングケア 頭皮いたわりカラートリートメントブラック。

このカラートリートメントには、年齢を重ねた人が求める理想の特徴、メリットが備わっていますよ。

  • 週1回の使用、5回分でお試し的な購入にもおすすめ
  • ブラックとナチュラルブラックのカラバリを展開中
  • 乾いた髪、濡れた髪どちらにも使える

さらにこのカラートリートメントは、髪を黒色に染めながら頭皮と髪にうるおいを与えるトリートメント成分が配合されています。

ホーユー ビゲン カラートリートメントナチュラルブラック

軽やかでナチュラル、明るさも感じられる黒髪が理想の人におすすめの、ホーユー ビゲン カラートリートメントナチュラルブラック。

  • ツバキ種子油やグリセリンなどの高級保湿成分を配合
  • 878円でリーズナブル、180gの容量で長く使える
  • 気分も華やかになるスイートフローラルの香り

といったおすすめポイントがあり、ショート・ミディアムヘアの場合は1回でもキレイに染まるという口コミ・体験談が多数報告されています。

コスメボックス
¥697 (2022/04/02 14:32時点 | 楽天市場調べ)

アンファー スカルプDボーテ ナチュラルブラック

信頼と実績あるヘアケアブランド、アンファーから誕生したスカルプDボーテ ナチュラルブラック。

浸透型の保湿成分と天然由来の色素が髪の表面から内側にスムーズに馴染んでいくため、髪質や長さにかかわらずにヘアケアと黒染め両方の即効性が期待できます。

さらにこちらのカラートリートメントは、

  • ヘアカラーをしながら空気を含むニュアンスヘアに仕上がる
  • 髪と頭皮へのフィット力、浸透力に優れた加水分解シルク、加水分解ケラチンをブレンド
  • 初回は3日の継続使用、その後は週に1~2回の使用で黒色を維持できる

などの理想的なメリットがあり、これまでのヘアカラーで頭皮と髪のダメージが気になっていた人も、使用のたびにつややかなコンディションを取り戻すことができるでしょう。

ウエルシア楽天市場支店
¥2,852 (2022/04/02 14:33時点 | 楽天市場調べ)

カラートリートメントで黒染め|まとめ

髪と頭皮のトリートメント作用でヘアサロン気分を味わいながら、ナチュラルで美しい髪色に仕上げてくれる黒のカラートリートメント。

適切な商品選びと繰り返しの正しい使用で、髪の色味と頭皮のコンディションが落ち着き、さらにはこれまでに感じられなかった清潔感・上品な仕上がりを実感させてくれることでしょう。

-白髪シャンプー&トリートメント
-, ,