白髪シャンプー&トリートメント

白髪が出始めた時の対処法!増やさないために気を付けたい事

白髪を気にする女性

年齢を重ねると白髪が出始めるのは自然なことですが、鏡を見て白い毛がチラリと見えたときはショックですよね。

まだ数本程度の白髪なら、髪全体を白髪染めするほどではないし、どうしようと悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は、白髪が出始めた時の対処法と、白髪を増やさないために気を付けたい事についてお伝えします。

白髪が出始めたときのおすすめの対処法

白髪の本数が多ければ全体を白髪染めしたり、50代、60代くらいになると思い切ってグレイヘアを選択する方もいますよね。

でも、顔周りだけに白髪があるとか、まだ数本しかない場合はどうすればいいのでしょうか。

ここでは、白髪が出始めたばかりの時におすすめの対処法をご紹介します。

ハサミで根元から切る

いちばん手軽なのは、ハサミで根元から切る方法。

時間がかからず頭皮へのダメージもないので、数本生えている程度の白髪なら、ハサミで切るのもアリです。

ハサミは、刃先が細いものが切りやすいと思います。

「白髪切り」という専用のカッターを使うと一本ずつ綺麗に切れるので便利ですよ。

ただ、切った白髪が伸びてくると、短い毛がピョンと立って目立つのがネックです。

頭頂部に生えている毛は隠すのが難しく、伸びてくるたびに切る必要があるかもしれません。

白髪染めする

カラー剤で白髪染めすれば、しばらくは白髪を気にせずにすみます。

市販のカラー剤には、必要な分だけ使って残った染料は保存できるものがあるので、少ない白髪を染めるのにも便利です。

値段も手頃ですし、コーム付きのものや泡タイプなど種類が豊富で、お洒落な色も多いですね。

できるだけ綺麗に仕上げたいなら、美容院で染めてもらいましょう。

自分で染めるとムラになることもありますが、美容院ならその心配はありません。

髪に合わせて薬剤を調整してくれるので、市販のカラー剤よりも髪のダメージが抑えられます。

メッシュを入れる

メッシュを入れて白髪を目立たなくするのは、私自身が美容院で勧めてもらった方法です。

白髪の多い顔周りにメッシュを入れてもらいましたが、白髪が目立たなくなり、お洒落なスタイルになって気に入っています。

部分染めなので費用も安く、髪への負担も最小限になるのでおすすめです。

白髪染めシャンプーで染める

白髪染めシャンプーは、髪の表面だけが染まるので、髪へのダメージが少ない染め方です。

使い方はいつものシャンプーと同じように洗うだけ。

カラー剤に比べると色が落ちやすいですが、毎日洗うだけで染まるので便利です。

白髪染めトリートメントを使用する

白髪染めトリートメントは、シャンプーよりも即効性があり、髪のダメージを補修する効果もあります。

トリートメントをつけたあと時間を置く必要がありますが、5~10分程度なので湯船につかっている間に染めることができますよ!

関連記事

白髪染めトリートメントのデメリットは?1回で染まる?美容師が解説

染めたくない場合は髪型で隠す

まだ出始めの白髪なら、染めずに髪型で隠す方法も。

こめかみ辺りに白髪が多いときは、ショートやミディアムなど、髪を下ろすスタイルがおすすめです。

分け目を作らず、ジグザグにするなどしてふんわり仕上げると、頭頂部の白髪が目立ちにくくなります。

ロングヘアの場合も、ふわっとしたカールにすると白髪が隠れやすくなります。

髪をアップにするときは、顔周りの白髪はどうしても隠しきれませんよね。

顔周りの白髪だけは、ヘアマスカラを塗ってカバーするのもひとつの手です。

こちらの記事もおすすめ

やってはいけないNGな対処法

白髪の対処法はたくさんありますが、やってはいけないNGな対処法についてお伝えします。

白髪を抜く

白髪を見つけるとついプチっと抜いてしまいたくなりますよね。

でも、「白髪を抜く」のは絶対にNGな方法!

手っ取り早く白髪をなくすことができますが、抜くことで毛穴にダメージを与えてしまいます。

毛根の形状が変わって、うねりのある毛が生えてくることがあり、余計に白髪を目立たせてしまいます。

最悪の場合、その毛穴から新しい毛が生えなくなることもあるので、抜くのは絶対やめましょう。

頻繁に市販のカラー剤で染める

白髪染めをしても、3週間くらい経つと色落ちが気になる人も多いでしょう。

かといって、頻繁に白髪染めをするのはNG。

特に市販のカラー剤は髪や頭皮への刺激が強いのでおすすめしません。

白髪染めの頻度としては2ヶ月に1回くらいが良いといわれていますが、もっと早く染めたいときは美容院で適切に染めてもらいましょう。

また、次に白髪染めをするときまではヘアマスカラでしのぐのをおすすめします。

白髪を増やさないために気を付ける事

年齢が上がって白髪が生えるのは仕方ないとしても、できるだけ増やさないようにしたいですよね。

白髪の予防と健康な髪を作るために、次のようなことに気を付けてみてください。

規則正しい生活を心がける

白髪を増やさないようにするには、心身ともに健康であることが大切。

生活リズムを整え、睡眠をしっかり取るようにしましょう。

黒髪に必要なメラニン色素は、メラノサイトという細胞によって生成されます。

しかし、睡眠不足や質の悪い睡眠は、細胞の代謝を低下させるため、メラノサイトの働きが悪くなり、メラニン色素がうまく生成されずに白髪が増える可能性があります。

睡眠時間はしっかりキープし、規則正しい生活を心がけましょう!

頭皮環境を整える

紫外線による頭皮のダメージは、黒髪に必要なメラニン色素にも影響を与えます。

外出するときは、UVスプレーや帽子、日傘などで紫外線対策をして頭皮を守りましょう。

また、頭皮の血行を良くすることも大切。

髪の毛は毛細血管から栄養をもらっていますが、血行が悪いと栄養が届きにくくなります。

マッサージなどで血行を促進させ、栄養の届きやすい頭皮にすることが大事です。

丁寧なシャンプーやブラッシングも血行促進に効果的なので、意識して取り入れてみましょう。

「黒い食べ物」を食べる

白髪の予防には「黒い食べ物」を食べるのもおすすめです。

「黒ごま、ひじき、黒豆」などの黒い食べ物は、抗酸化作用のあるアントシアニンが含まれていて、黒髪を保つのに良いとされています。

白髪の予防だけでなく、健康にも良い食材なので積極的に取り入れたいですね!

ストレスをためない

ストレスも白髪の原因と考えられています。

私の周りにも、仕事のストレスで白髪が増えた知人がいますが、転職したあとは白髪の数が減ったそうです!

ストレスをためると血液の流れや眠りの質も悪くなるので、髪に良くありません。

好きなことに没頭する時間を作ったり、運動やヨガでリフレッシュして、ストレスをためないようにしていきましょう!

白髪が出始めた時の対処法まとめ

白髪の対処法、増やさないために気を付ける事についてお伝えしました。

白髪は一本見つけただけでもショックなものですが、年齢を重ねるうえで避けられないものでもあります。

白髪があってもお洒落なスタイルを見つけたり、この機会に普段の生活を見直したりと、前向きに対処していけたらいいですね。

今回ご紹介した方法を取り入れて、上手に白髪と付き合っていきましょう!

-白髪シャンプー&トリートメント