北海道ボランティア総合サイト |ホーム |  RSS配信 |  更新情報 | 掲載する | ご支援のお願い | お振込先 | サイトマップ |  お問合せ・アクセス
月刊ボラナビについてのコンテンツ ボランティア・イベント情報へのリンクNPO法人ボラナビの法人概要ボラナビボランティア募集
出張芸ボランティア北海道お茶の間めぐりセルフヘルプの輪へのリンクお古つながるプロジェクトへのリンク災害ボランティア
トップ  >  新聞掲載記事・沿革・事業報告など  >  過去の取材記事・イベントレポート  >  ベトナム・カンボジアNGO視察 Vol.3

イラスト・タケダミヲ

◆カンボジア・竹と風の学校

 学校の看板  カンボジアに公立の学校はありますが無料の義務教育ではなく、小学生は毎月600円程度を払います。貧困や学力不足などで1割が退学、4割が留年するそうです。教育環境を見かねたある日本人が、首都プノンペンで小学校を運営していると聞き、訪問しました。(2006年3月号掲載)
 
右が安斉さん。絵の勉強に熱心だという生徒さんの家を案内してくれた。この界隈には、公立学校に通っている子はあまりいない。
カンボジアに01年に小学校を開校し運営しているのは、埼玉県の中学校で教頭をしていた安斉恭夫さんです。安斉さんは、日本の学校に勤めているときにカンボジアを旅行し、カンボジアの学校の授業には計画性がなく、同じ授業をいつも繰り返したり、禁止されているのに学校の先生が進級に必要な勉強をお金を別途とって教えていたりと、びっくりすることがおこなわれているのを知りました。「同じ地球に生まれて、こんなに教育環境に違いがあっていいのか?」と感じたのがきっかけで移住したそうです。 
 

 
礼儀正しく、元気いっぱいの子ども達。
竹と風の学校の小学校部には57人、日本語クラスには10人が、月200円の学費で通っています。子どもたちは、この学校が好きな理由として、授業がいいこと、英語が学べること、情緒教育を重視しない一般の学校と違い、絵が描けてピアニカが使えることをあげています。
 安斉さんは、子ども達の家庭を訪問して、竹と風の学校に通わせている理由や要望を聞いたり、途中で来なくなってしまった子に手紙を書いたりして、コミュニケーションに力を入れていました。私たちが学校までの道を案内していただいている時、すれ違う多くの住民が安斉さんに好意的に声をかけていたのが印象的でした。  
 
竹と風の学校の先生は4人。子どもたちの出席をとり、カリキュラムに沿って授業をおこなう。それが、カンボジアでは珍しいこと。
この学校の子どもたちには、将来、外国人と交流し、カンボジア社会に役に立つ人に育って欲しいそうです。「日本のみなさんに、ぜひここを訪問して欲しい。知ろうとしなければ、新聞やテレビでカンボジアの情報が入ってきても心に残らないのではないでしょうか」と安斉さんはおっしゃっていました。 
 
     金額は日本円相当額で記しています。
 
 
 
 

音楽の授業5 初めは子どもたちにゴミ箱に捨てる習慣がなかった。

 
 
 

 

【このNGOを支援するには】

 竹と風の学校にとって、日本の方たちからの寄付金も重要な運営資金です。1,000円で、1人が1ヶ月間勉強できます。また、現地で数日間、授業をおこなってくれる日本の学校の先生や、絵や手紙などで交流できる日本の学校、カンボジアの子どもたちが描いた絵の日本での展覧先を募集しています。安斉さんは、授業の支障にならない程度に、日本からの視察や意見交換にも協力してくださいます。

●連連絡先;日本事務局TEL;048-625-5535 真木さん方 

●メメール;anzy2491@online.com.km

●寄付先;埼玉りそな銀行 鳩ヶ谷支店(普)3941945

 


 05年11月、ベトナムとカンボジアで活動するNGOの視察に行ってきました。各NGOの目的は、障がい者支援や子どもの生活・教育支援などさまざまで、背景には、国の貧しさや制度不備、戦争被害などがありました。北海道に住む私たちも知っておきたいこと、私たちが協力できることもありましたので、ご報告します。文:ボラナビ 森田麻美子、撮影協力:松本創一さん

この視察は社団法人北方圏センターが、発展途上国における国際協力の実態と効果的な協力事業のあり方を習得するために、道民10人を派遣した研修の中でおこなわれました。

プリンタ用画面
前
ベトナム・カンボジアNGO視察 Vol.2
カテゴリートップ
過去の取材記事・イベントレポート
次
ベトナム・カンボジアNGO視察 Vol.4

お独り様会って?北海道のお独り様会東京のお独り様会結婚紹介所との違い

孤独死防止サービス

介護福祉士実務者研修 通信課程~鹿光学習センター

ハンド・フットケア講座教室~ヒーリングケアスクール札幌

登録ヘルパー募集~NPO法人せせらぎ

「孫と祖父母の交流」に関する調査へのご協力のお願い

孤独死防止サービス~電話で簡単、安否確認

  

[以上広告]

熱中症予防 声かけプロジェクト

 

 バナー広告募集中

 
Powered by XCL2.2.2(XoopsCubeLegacy) 2005-,2008- Volunavi ©
Designed by K.Seino. Theme Desinged by OCEAN-NET